FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5つの希望プロジェクトその2


「5つの危機」と言われている問題は「複雑な問題」です。

「複雑な問題」に対して、どうアプローチすべきなのか?

今回は、これについて書きます。



意味不明の方は「5つの希望プロジェクトって何?」をまずお読みください。



「複雑な問題」に対し、
問題の全体像を把握し、より本質的な問題の在り処を考えるアプローチとして

システム思考」というものがあります。

システム(仕組み)の問題が、どのように現象に現れるかを
わかりやすく示す図が「氷山モデル」です。

この図を見て下さい。
氷山モデル

「礼拝人数減少問題」
「食口高齢化問題」
「食口経済困難問題」
「二世教会離れ問題」
「社会的イメージが悪い問題」

これらは、水面上に現れている、いわゆる「氷山の一角」に過ぎません。
要するに問題の「結果」です。


そして、少し考えればわかるように、
これらは一時的な現象ではなく、
「継続的」であり「どんどん悪化」するというパターンになっていると思われる問題です。



即ち、これらの問題は

統一教会という組織がもっている
何らかの誤った「仕組み」「システム」「制度」「政策」が原因となって
生じているものなのです。


それ故に、対処療法では絶対に解決できません。

「仕組み」「システム」「制度」「政策」等を変える必要があるのです。



「システム思考」は、
「仕組み」「システム」「制度」「政策」等がどうなっており
どこに問題があるのかを明確にできる手法です。


5つのプロジェクトチームのリーダーさん、
総会長の周りにいる皆さん,
本気で組織を良くしようと思うのならば、勉強して下さい。


システム・シンキング入門
なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?
もっと使いこなす!システム思考

入門編として、これらをお勧めします。



5つのプロジェクトチームが
問題の本質を掘り下げながら
必要に応じて合体したり共同したりと柔軟に変化しながら
本当の解決策にたどり着けるようになれば、
統一教会にも少しは希望があるかもしれません。



そのためには
「仕組み」「システム」「制度」「政策」よりも、もう1つ深いレベルである
「信念」「思い込み」「思考方法」「文化」という、いわゆる「メンタルモデル」の見直しが必要になります。

このレベルが変わることによってしか、システムの変革(組織変革)はできません。

但し、ここまで掘り下げるには
「ただ集まって話し合う」だけではなく
相当に洗練された「コミュニケーションスキル」が必要でしょう。


こういうことが、今の日本統一教会本部において出来るのかどうか
かなり心もとない感じではありますが、

総会長が決意しておられるようなので

5つではなく、1つでも良いので
「希望」を見せて欲しいと思います。



--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。