FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際情勢と愚かな世界本部


ここのところずっと
日本と韓国との関係が悪い状態が続いています。

李明博大統領が独島(竹島)上陸したあたりから、かなり悪化し、朴槿恵大統領になっても継続しています。


原因ですが、
もちろん韓国側の主張は「日本が悪い」の一点張りですし
日本側としては「韓国が頑なだ」としか感じません。



2国間の関係は、2国だけを見ていても正しい判断はできません。
日韓関係には、米国、中国、ロシア、北朝鮮という国々が必ず関係しているからです。



「共産党独裁国家である中国がどうなってゆくか」

これが今後の国際情勢における最重要ポイントであることは世界の共通認識でしょう。
天一国=理想世界を本当に作ろうと考えているならば、統一運動においてもここが重要なポイントになるはずです。

ところが最近は、国際情勢や、天が願う世界の方向性などについて具体的なことは全く語られません。ただ観念的に「全人類を祝福する」とか、寝言のような夢物語が語られるだけです。



しかし、お父様が語っておられた方向性を思い出して見れば

韓国・日本・米国が連携して
韓国側を主体とした南北統一を目指すと共に
中国とロシアの関係を分断し、中国を囲い込む

というのが摂理的な方向性であり、これは米国保守派が願っている方向とかなり一致しています。


これに対して、中国の戦略は、韓国・日本・米国の分断です。




このような視点から、韓国の最近の動きを見ると、どう見えるでしょうか?

明らかに「韓国は中国寄りになっている」ということです。


「中国と韓国が一緒になって日本を批判する」というスタンスが完全に確立しています。

首相の靖国参拝
領土問題(尖閣、竹島)
従軍慰安婦
歴史認識

全てが「中韓一体で日本攻撃」です。



もちろん、日本側にもいろいろと課題はあるでしょう。
しかし本質的問題は、これが「中国の世界戦略である」ということです。

そして、その中国の世界戦略に、韓国が完全に利用されてしまっているということです。

今回のアジアインフラ投資銀行(AIIB)問題において、韓国の参加に対して米国が不満を表明しているのを見れば、この構図は決定的なものになっているのは明らかでしょう。


なぜ韓国がそうなってしまうのかを、歴史的、文化的、思想的な面から様々に考察すべきこともあるでしょうが、それはまた別の機会にしたいと思います。





さて、統一運動です。

「怨讐を愛する」ことを標榜するならば、世界本部は韓国政府や韓国国民に対して「怨讐である日本を許し愛そう」と訴えるべきではないでしょうか。

そして韓日一体、韓日米一体の方向を模索すべきではないでしょうか。

「どんな手を使ってでも上位に立ちたいという儒教的かつ世俗的な欲望」を持っている韓国に対して、「許す側に立った方が絶対に上位に立てますよ」と説得するのは、それほど困難ではないかもしれません。


ところが今は、完全に内向きの政策ばかりで、対外的には観念的な言葉しかありません。





分岐点はいつだったのでしょうか。



国進様の「強い韓国」の講義を覚えている方も多いと思います。

これは明らかに、韓日米が一体化して中国に対して行こうという摂理的な方向性でした。そしてこの講演は韓国保守派や米国保守派に対しての大きな影響力を持ちつつありました。


では、この「強い韓国」を推進しようとする統一運動に対して、それを最も嫌がったのは誰でしょうか。

当然、中国です。


「お父様の聖和後、亨進様と国進様が追い出されたのは、中国と、その意向を酌んだ韓国政府からの圧力、あるいは中国マネーの誘惑などが大きく働いた結果なのではないか」という疑問を抱かざるを得ません。

即ち、「悪魔連盟(お母様の側近集団)」の背後には中国がいるという構図が成り立つかもしれないということです。中国は、そこに直接、間接に働きかけることによって統一運動の分断と弱体化に成功しているわけです。

もちろん、あの大きな中国が、たかだか数万人の基盤しかない統一運動を恐れてそこまでのことをするはずが無い、かもしれません。

しかし文鮮明師の影響力は侮れないものがあると中国が考えているならば、可能性はあるかも知れないとも思います。





結論

世界本部は中国の言いなりかも
世界本部は、韓日一体化の努力を何もしていない
世界本部は、韓国を善導する力が無く、そのような思考も戦略も全く無い


こんな状態で、世界本部が「南北統一」だとか言っても、それは「中国を中心とした、中国に都合の良い南北統一」になってしまうのではないかと心配します。



韓国世界日報の問題
韓国統一運動への税務調査の問題

これらも中国による韓国政府を使った統一運動弱体化戦略の一環であると見ることもできるかもしれません。


もちろん、愚かなこと(おかしなカネの使い方とか)をやっている者達が一番悪いのですが。





--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

ありがとうございます。
本当に救われます。おかげで、行動しやすくなります。
こころのもやもやが、あたまのなかのぐちゃぐちゃも・・・
どんどん整理されていきます。
確信めいたものが、それに、したがって、自信が、どんどん成長していきます。
これからも、よろしくお願いします。

国進様

国進様による「強い韓国」は良かったですね。韓国教会も同じようにして韓国政府と国民を啓蒙する預言者的役割を勇敢に果たして行くべきですが、今はそれが見られないようです。もう一つ国進様の良かった点は、韓国教会を日本教会からの経済援助に頼らせまいとしたことです。国進様が戻って来て教会変革をされれば良いのに、と思います。

ただ国進様でも完全な人ではないから、顕進様との軋轢のためにヨイド問題がおこり、お母様との摩擦のために理事長解任となりました。

これらの問題が解決されて、国進様の再登場が実現して、教会が改革されるように、と望むのは非現実的な夢物語でしょうか。

当たっているかも

中国の工作~当たっているかも ですね。
直接工作があるかどうかは別にしても、中国共産党政権の目論見に乗せられているのは事実です。
今日の韓国政府の反日対中接近策は、中国共産党と独裁政権の維持を至上命令としている北の政権にも有利です。
文鮮明師ご存命なら、このような事態を絶対放置されないはずです。それは間違いないですね。
世界本部が「悪魔連合」かどうかはわかりませんが、世界的「悪魔連合」の意向に一致しているのは確かなようです。
検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。