FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献金してくれる人について考えてみましょう


献金という観点から見ると、全ての人を4種類に分けて考えることができます。

A:献金したいし、お金もある
B:献金したいけど、お金がない
C:献金したくないし、お金もない
D:献金したくないけど、お金はある



A:献金したいし、お金もある人
これは篤志家的な食口や普通の食口でしたが、激しい献金摂理の継続によってAの人はほとんどいなくなりました。
A→B、となりました。



B:献金したいけど、お金がない人
これは、今でも熱心に頑張ろうとしている食口です。
しかし、さらに激しい献金摂理の継続によって、Bの人も次第に減っています。
B→C、となっています。



C:献金したくないし、お金もない人
このような食口が徐々に増えており、教会に対する失望感が蔓延しつつあります。
そしてだんだんと教会に来なくなっています。
これは別に分派やネットの影響ではありません。
分派やネットは、教会の実体を写している鏡に過ぎません。



このような現状であるにもかかわらず、教会では以前と変わらずBの人を集めて教育したり啓蒙したり面接したり、それでもだめなら脅したりしながら「目標を達成しましょう」と働きかけています。
これが継続されればBの人達は、犯罪スレスレの金集めに走るしかありません。




D:献金したくないけど、お金はある人

教会が、今後も継続して献金を集めようとするならば、Dの人達に注目し、彼らの心を動かすことを考えるべきであることは、普通の人なら誰でもわかる当然のことです。


ところが、愚かな責任者は未だに、Bの人からカネを集めようとしているのです。

本部復興局も同じです。
未だに、家庭の献金目標を定め、人参をぶら下げて目標をやらせようと、Bの人をターゲットにした愚かな方針を出すことしかできません。




Dの人とは、教会を全く知らない人も含みます。圧倒的多数の人がここにいます。

責任者が本当に能力のある人間なのかどうかは、Dの人達に対して適切にアプローチして彼らの心を動かすことが出来るかどうかで判断することができます。



教会責任者が、命令だけしているのではなく、自ら進んでDの人たちに直接アプローチすること。

これが、
責任者が変わり、
組織文化が変わり、
人を大切にする教会になってゆく
一つの大きなポイントではないかと思います。



--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

婦人たち

パソコンを使えない婦人たちは

統一教会の問題点もわからず、悟れず、

相変わらず狂ったように献金に走ってるね。

本部にしたら、いいカモだね。


No title

初めまして。ヤンと申します。
献金については、借金をして返せなくなり、家を売り、年金を崩してまでしている人もいます。所属教会では自己破産した人が6人もいるそうです。
苦労して献金したそのお金の行く先は、お父様の世界摂理でなく、幹部の給料に消えていったのだろうかというやるせない思いになります。
逆に幹部が抜き取らなければ、そこまでして苦労しなくても、世界摂理は進んだのではないかという疑問が出てきます。
今までの何日までにいくらという、終わりなき献金目標は何が根拠だったんだろうという気持ちです。

No title

おっしゃる通りだと思います。私はCとDの中間ですね。今は借金はありませんが、ストレス受けながら得たお金を、苦労していない献身者がたくさんいる教会に捧げる気がなくなりました。

このご時世でも狂ったように献金する人たちって、深く交流しているわけではありませんが、以下ではないでしょうか。

・献金することによって何となく神様に守られていると感じている。
・献金しないとバチが当たると思っている。
・献金しないと上から圧力を受け村八分に遭いそう。
・教会内の人間関係を断ちたくない(あるいは断てない)。
・献金すると何となく信仰者になったと自負できる。
・献金すると褒められ拍手喝采を浴びることに快感を得ている。

私は以前下の2行の人と接したことがあります。借金しては献金を繰り返していました。勝手な推測ですが、おそらく一般社会ではうだつが上がらず交流できていない人が大半ではないでしょうか。また、一般社会では活躍(教会用語では証を立てる)できていない、でも教会内では活躍できる場が与えられている、いつか教会が社会から認められて、一般社会でも優位に立てると根拠はないが信じている。

仕事しながら教会活動をまともに行うのって、できている人もいると思いますが、家事や地域との交流もありますし、よほどの体力と精神力が必要で、私には無理ですね。

Re: 婦人たち

そうですね。

パソコンやスマートホンを使えない人は、上からの情報しかありませんから、
それをそのまま信じている人が多いと思います。

確かにカモです。但し、ネギは背負ってません。
背負っているのは借金か。

Re: No title

苦労して献金したことは、
その方の精誠として天が覚えているでしょうし
日本の国家的な精誠条件にもなっていると思います。

幹部の給料などに消えたのは、一部だと思います。
大部分は、摂理的なプロジェクトへの投資だったのだとは思いますが、
プロジェクト責任者の無能さ故に、ほとんどのプロジェクトは水泡に帰しているようです。

Re: No title

献金する人たちの的確な分析、ありがとうございます。

参考になります。


確かに、教会の内部でしか、自分の存在意味を見いだせない人が多いのかもしれません。
検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。