スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自然に成長する教会」と衰退する統一教会

「教会成長」というのは、単純に言えば「信徒が増える」ということで、既成キリスト教会においても大きな関心をもっている課題であり、様々な研究や取り組みがなされているようです。 

クリスチャン・シュワルツ「自然成長する教会」

教会を発展させようと考えて勉強している責任者は読んだことがあるかもしれません。
納得の行く、本質的な内容を含んでいると感じる本です。


1)権威分与的  リーダーシップ
2)賜物に基づいた  ミニストリー
3)熱心な   霊性
4)機能的   組織構造
5)生き生きとした  賛美礼拝
6)多機能的   小グループ
7)ニーズ志向的   伝道
8)愛にあふれる   関係

これらの8項目がバランスよく出来ている教会は「自然に成長する」と結論付けられています。


8項目について簡単に説明して見ましょう。


1)権威分与的  リーダーシップ
リーダー独裁ではなく、役割を人に任せ、人を成長させるように導くリーダーシップ

2)賜物に基づいた  ミニストリー
信徒一人ひとりが得意なもの(神からの賜物)生かして、教会に貢献すること

3)熱心な   霊性
熱心な祈祷、涙の祈祷

4)機能的   組織構造
役割の分担が適切で、各部門間の関係も良い

5)生き生きとした  賛美礼拝
喜びに満ちた礼拝

6)多機能的   小グループ
勉強だけではなく生活全般を助け合うグループがある

7)ニーズ志向的   伝道
伝道対象者それぞれの必要に応じてアプローチしようとする伝道の取り組み

8)愛にあふれる   関係
信徒同士の関係が愛にあふれている


これらの項目を10点満点で採点した時、
全項目が7点以上(だったかな)の教会は、時間とともに自然に成長します。
どれか1項目でも点数が低いと、その項目ゆえに「自然な成長」ができません。
これが「自然に成長する教会」の説明です。


これらの各項目の点数が低ければ「自然と衰退する教会」になるでしょう。



ではここで、日本統一教会を採点してみましょう。


1)権威分与的  リーダーシップ  (3点)
未だに人の話を聞けない独裁的な牧会者が多い

2)賜物に基づいた  ミニストリー (3点)
食口一人ひとりの能力を生かすのではなく、皆に同じことをさせようとしている

3)熱心な   霊性  (5点)
カネ集めと、献金目標達成のためには熱心

4)機能的   組織構造 (4点)
官僚的で非効率的な組織構造

5)生き生きとした  賛美礼拝 (3点)
つまらない、感動がない、喜びがない、説教が長いだけの礼拝が多い

6)多機能的   小グループ (2点)
カネ集め小グルーブしかない

7)ニーズ志向的   伝道 (2点)
教会のニーズ(カネ集め)に合う人だけを集めようとしている

8)愛にあふれる   関係 (2点)
愛を感じられない関係


皆さんも、ご自分の所属教会を採点してみて下さい。


「自然に成長する教会」なのか「自然に衰退する教会」なのか
「健康な教会」なのか「病気の教会」なのか

まずは、診断して自覚するところから始める必要があるでしょう。




---------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。