スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

み言葉とこの世の知識との関係

このブログでは、
あえて、お父様(文鮮明先生)のみ言を引用していません。

今後、たまには引用するかもしれませんが。



「み言にこうあります」

これは教会内においては、ある意味では「錦の御旗」でしょう。
責任者や食口は誰も逆らえません(表上は)。


しかし「み言」は
語られた時と場所、誰に対して語られたのか、など
総合的に判断して、お父様の意図や本心を検討する必要があります。


よって「み言」の取り扱いには、かなり注意が必要であると考えます。


実際、お父様の「み言」を逆手に取って
「統一教会のやっていることは間違っている」とか
「文鮮明はおかしい」などと主張する人もたくさんいます。
そういうブログもいくつもあります。


私が、お父様の「み言」に対する接し方は
統一原理、統一思想などを土台としながら「み言」を訓読し
それを通じて神様の啓示を得るための手段或いはフィルター
という感じです。

「み言」を通じて得られるもの、悔い改めさせられるもの、悟らされるものは大きいのです。




では次に、「この世の知識」についてです。

お父様のみ言や原理以外の、この世の知識や研究成果などを軽んじる教会責任者や食口もいるようですが、私はそうは思いません。

原理を知らない人、祝福を受けていない人であったとしても
真剣に人のため、国のため、世界人類のため、重要問題解決のために投入し研究している人は多くいるのであり、神様はそれらの人々にも啓示を与えられます。

様々な本を読んだり、成功者の話しを聞いたりして感じることは
「この世の知識であっても、成功しているものは非常に原理的である」ということです。

彼らは、原理を学ばなくても、体験と啓示により、原理的な思考や行動ができるようになってきているのです。
終末論にある「三大祝福復帰現象」と言えるでしょう。

統一教会の責任者や食口は、残念ながら
「原理は知ってはいるが、原理的な思考や行動ができている人は少ない」ように思います。

ところが「原理を知っている」と傲慢になってしまっている場合が往々にしてあります。




人格的で良心的な人の中には、原理を知らなくても原理的な生き方をしている人が多くいます。
逆に、原理を知ってはいるが非人格的で非良心的、そして非原理的な生き方してる人も結構います。


原理を先に知った教会責任者や食口は「アベル」として
自らの足りなさを認識し、悔い改め、「カイン」であるこの世の勝利者から学ぶ
ことも必要になるのです。




「信仰」はとても重要です。
しかし「信仰」だけを重視している内向き組織では、
社会から信頼を得て、社会に良い影響を与えることのできる組織になってゆくことは困難でしょう。


そういう観点から、このブログでは、
ライフサイクルとか、ドラッカーとか、その他、教会外の観点からも教会を見直す提案をしています。


お付き合い頂ければ幸いです。




--------------------------------------------
お読みくださり、ありがとうございます。

興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると励みになります。

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい事言うね〜

私も、教会に行く事に喜びを感じ無くて…訓読家庭教会家族や婦人達を家に呼んで訓読と食事やお茶して交流や、女性連合のカンボジア里子支援とか…してます。
社会が真の父母様を理解出来るような私達の行動でありたいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

同じスタンス

私もこの考え方でブログを書いてきました。同志に出会った感じです。

Re: 同じスタンス

ありがとうございます。

時間がある時に、まっちゃんさんのブログを読ませて頂きます。

今後とも宜しくお願い致します。

Re: いい事言うね〜

素晴らしいですね。
「信仰」を表すのは「真の愛を動機として人を愛すること」によってであると思います。

ご活躍をお祈り致します。

No title

あなたのような人を待ってました。
私も動きたいのですが力不足で申し訳ありません。

私も文鮮明先生の言われた事意外に人類の救済は無いのではないかと信じるものです。

だから今の教会の現状に心痛めている者の一人です。

人間の最大の罪は傲慢になること。それはルーシェルが犯した罪の根だからです。
検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。