FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大転換が出来るかどうか、かなり怪しいが可能性は残っている


「摂理」「摂理」と言いながら
「摂理」=「カネ集め」になっている愚かな家庭連合責任者達ですが、

本来「摂理」は「時」を正しく認識することが何よりも重要であるはずです。


以前の記事「
統一教会はどこにいるのか(ライフサイクル)2」で書いたように
組織のライフサイクルの「衰退期」の末期にいるのが
今の日本家庭連合です。
(下の図の赤丸)

O_lifecycle.png



日本家庭連合が衰退末期にいるということは、同時に
世界の家庭連合全体が衰退末期にいるということと等しいわけです。

衰退末期の後、これからどうなるのでしょうか?


change_model.png

何もせず、何もできず、そのまま滅ぶか(赤線)
改革を断行して新たな発展を迎えるか(青線)

どちらかになります。

即ち、今は「転換期」。

天は、名前を変えることで、
もう後戻りできない「転換期」であること
「今、変化しなければ滅びるしかない」事を教えているのだと思います。




2009年、国進様を迎えて「改革」がなされようとしました。
部分的には変わった面もいろいろとありましたが
本質的なところまでは変化できなかったと思います。


2013年、宋龍天総会長がこられ、
2015年初め「5つの危機」が発表されたことにより
やっと「改革」が開始されたように思います。


総会長が語っておられる内容から見ると
総会長ご自身は
「今までの赤のラインを継続していたらダメ」
「新しい青のラインに変わらなければならない」
と明確に意識しておられるようです。
そして
「まだ変われていない」
と。




残念ながら、徳野会長は
そのようには感じていない、考えていないようです。
或いは、曖昧というか。



本部の多くの責任者や、現場の責任者達において
総会長と同じレベルの危機意識を持っている人が
どれくらいいるのかと問えば
まだまだ不足だったり、バラバラだったりという状態なのではないでしょうか。


今のままでは、時間と共に、さらに改革が困難になって行きます。
(赤のまま時間が過ぎて、最後は崩壊)



顕進様グループや亨進様グループが
「青のライン」なのではないか、と思って
ついていこうとする人もいるようですが、
残念ながら違う感じです。

家庭連合が「青のライン」に乗ることが出来た時、
顕進様グループも亨進様グループも含めて
もう一度、全体が一つになる道が開けてくるのだと思います。



「家庭連合はもうボロボロだから、食口は早く家庭連合を離れましょう」
と呼びかける人もいるようですが、それは違うと考えます。

「皆で声を出して、家庭連合を変えましょう!!」
これではないでしょうか。

顕進様グループや亨進様グループが現れてきたのは、
家庭連合が変わるしかないところへ追い込むための天の役事なのではないでしょうか。


「引き締めをはかって、分派に行かないように・・・・」とか
「分派との全面戦争だ・・・」とか
こういう言動は、愚の骨頂です。




さて、
「赤ライン」から「青ライン」に転換するために
何をどうしたら良いのでしょうか?


genninn.png

 

今の、家庭連合の危機は、
20年以上に亘って継続して来た「生活習慣病」のようなものであり
小手先のものでは全く何も変わりません。

根本的な生活習慣(献金優先の習慣)を変えなければダメです。



「伝道が進まない」ことが大問題であることは自明ですが、
「祝福伝道!」「CIG!」「一対一!」とか「タブレット!!!」とか、
こんな愚かなことをいくらやっても
いくら大金をつぎ込んでも、
全く伝道は進みません。
(伝道教育局って、情けなくなるほど愚かですねえ)



さらには、
献金目標が全く無くなって、
食口が全く献金しなくても良い状態になったとしても
相変わらず、伝道は進まないでしょう。


20年以上に亘る苦労と犠牲、我慢と忍耐によって
冷たくなってしまった食口の心や、食口同士の関係が
本心から感動と喜びに満ちて、伝道への一歩を踏み出すためには
「献金プレッシャー」が全く無くなってから、さらに
少なくとも1年から2年はかかるのではないでしょうか。



こういうことを
本気で
命がけで
摂理的な運命を賭けて
取組むと言う
「大転換」「大改革」をやらなければならないのです。


こういう覚悟が、
本部の連中に、本当にあるのでしょうか?



総会長の中には、
そいういう覚悟があるように感じますので
それが唯一の希望です。




--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それで神様の摂理が進み、夢が実現するのでしょうか?

感謝、感謝、感謝

いつも、ありがとうございます。

2020年に向かい、オモニ国に生きるものとして、
天の前に、地のまえに、人類を救い出さなければならない使命を授かったものとして、何をすべきか、明確な道しるべを与えてくださっているので、迷いのない元気が、勇気が湧いてきます。

サタンの血にどっぷり染まりきり汚れきった現状で、無意識のうちに、不平不満が湧き上がり、自己主張のみが優先してしまいますが・・・
一日のうち、機会があるたび、このプログをチェックすることで、
対象の位置である自分の本来のあるがままの位置を再確認することができます。

御父母様の愛の世界、特に、お母様の愛を具体的に知ることができます。
感謝、感謝、感謝です。これからも、よろしく導いてください。

本部の兄弟姉妹(祝福家庭)が、さらに、日本の伝統である忠孝の精神を発揮して、総会長の手足になってくださることを願いながら、今日も、オモニ国の天運を定着できるよう、天の父母様の聖殿となれるよう、御父母様の代身家庭となれるよう頑張ることができます。

5つの補足です

議論する場を持とうとしない

議論をさけてとうろうとする

質問しても肝心なところは避ける

都合の悪い質問は無視する

常にトップダウン方式であるから責任心情が湧いてこない

大転換が出来るかどうか、かなり怪しいが可能性は残っている

嘗て、中央集権国家や独裁体制国家が自ら内部改革をして民主主義国家に変わった国があったでしょうか?民主主義体制になる過程で革命、戦争など大きな犠牲を伴った出来事がありました。
同様に、日本統一教会の中央集権制、独裁体制の変革は不可能です。なぜならば、体制に命令を下すのは韓国だからです。日本統一教会が韓国から独立した時には幾らかの改革の可能性はあるかもしれません。

Re: タイトルなし

それで
「神様の摂理が進む」
と思っています。

Re: 5つの補足です

> 議論する場を持とうとしない
> 議論をさけてとうろうとする
> 質問しても肝心なところは避ける
> 都合の悪い質問は無視する
> 常にトップダウン方式であるから責任心情が湧いてこない

的確な補足、ありがとうございます。
まさに、おっしゃる通りだと思います。

Re: 大転換が出来るかどうか、かなり怪しいが可能性は残っている

> 嘗て、中央集権国家や独裁体制国家が自ら内部改革をして民主主義国家に変わった国があったでしょうか?民主主義体制になる過程で革命、戦争など大きな犠牲を伴った出来事がありました。

おっしゃる通りですが
家庭連合は「民主主義体制」にはならないでしょう。

「中央集権的独裁主義」から「父母主義」に体制変革が必要なのだと思います。
自ら変わることは可能だと思います。


>日本統一教会が韓国から独立した時には幾らかの改革の可能性はあるかもしれません。

この点はおっしゃる通りで、
韓国(世界本部)の言いなりになっていては改革は困難です。

「独立」というよりも「正しい、適切な関係」を構築する必要があると思います。





> 同様に、日本統一教会の中央集権制、独裁体制の変革は不可能です。なぜならば、体制に命令を下すのは韓国だからです。日本統一教会が韓国から独立した時には幾らかの改革の可能性はあるかもしれません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。