スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統一教会の責任者として何を悔い改めるべきなのか

聖和3周年を転換点として
果たして統一教会は変わることができるのでしょうか。



統一教会の信仰を持っている人であれば
霊界が大きく変化してくることは信じるでしょう。

しかし、霊界も
地上との相対基準が合わなければ役事することができません。



宋龍天総会長が
「まず自分から変わる」「責任者から変わる」
と常に強調されています。


もちろん、私自身も
変わる努力をしようと思っていますが

「組織」というものを考えた場合には、やはり
「責任者」が変わらなければ「組織」が変わることは不可能です。




先回の記事は
本当の悔い改めが必要とされている時

と題して書きましたが、では


統一教会の責任者として、何を悔い改めるべきなのでしょうか?



統一教会の責任者(主に牧会者)の中で

---------
自分は
伝道教育に何よりも投入してきた。
神様と真の父母様を伝えること、み言葉を伝えること、人を救うこと
そして彼らの信仰を育てて
喜んで伝道や献金ができるように投入して来た。
常に、伝道と教育が第一だと考え、
その通りに投入して来た。
---------
と言い切れる人がいるでしょうか?



もし、こう言い切れない人は、悔い改めなければなりません。



「母国日本の使命である献金の目標を果たすことが第一だ」
などと考え、それを実践してきた責任者は
その誤りを悔い改めなければなりません。




今の、統一教会は
「献金が少なかったから」危機が訪れているのではありません!!

「伝道教育に投入してこなかったから」危機が訪れているのです。
「人を愛すること」に投入してこなかったから

礼拝参加者は低迷し
食口が増えずに高齢化し
祝福家庭は貧しくなり
二世は希望を失い
社会的な評価は低下したまま

なのです。


そして、今もそれが継続しているのです。






「母国日本の使命である献金の目標を果たすことが第一だ」
と考えてきた責任者は、
「必死で100%達成のために頑張ってきた」
と思い込んでおり、
その傲慢性の故に、
なかなか悔い改めることができません。

「真の父母様を支えてきた」「世界の摂理を支えてきた」
という思い上がりの故に
悔い改めることができません。



そういう人間が、自覚しなければならないことは、

『「献金第一優先」が誤りだった』ということです。

それを、心から悔い改めなければならないのです。



「愛することを第一」「伝道教育を第一」
にしてこなかったことを、心から悔い改めなければならないのです。




そして、聖和3周年以降、
霊界が大きく役事するためには

責任者が先頭に立って
「愛することを第一に」「伝道教育を第一に」

投入することです。




一定人数以上の教会責任者が、
このような悔い改めと、新しい出発ができるならば

統一教会が変わって行けるのではないでしょうか。





--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。