FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織改革は頭から開始しなければならない


日本家庭連合の改革は

本部の改革がます最初に実施されなければなりません。


簡単に言えば
本部が愚かなため
組織全体が限界を迎えてしまっているわけです。


ここで問題は
自分で自分を改革することは、かなり困難だということです。



おそらく本部内で「本部の改革」という話しも出ていることでしょうが、
本部にいる人間たちだけでそれを検討していたら
全く根本的な問題解決はできない
ということを明確に認識すべきです。



本部に、それなりに近い、現場の人間
本部にいたことがある人間

こういう人たちが半数以上を占めるチームを作って
「本部の人員や経費を50%以上削減する案」
を検討することをお勧めします。



献金がどんどん厳しくなっているという現状を踏まえて
「退職の推進」「人件費の削減」など
「経費削減」を進めようとしている雰囲気ですが

献金をつくろうと一生懸命に頑張っている現場の人や経費を減らせば
今よりももっと、献金が減ることになるでしょう。
本末転倒です。



経費を減らすべきなのは
即ち
無駄な経費を使っているのは
本部なのです。


CIGとか、タブレットとか・・・・・・
おまえら、本当にバカなのか?
と言いたくなるくらい・・・・・
こういうことを考える人間、
こういうことを決定する人間を本部に置いておくことが
最大の無駄なのです。



故に
何よりもまず、真っ先に
本部を改革しなければなりません。



◆本部改革の方針
1)これ以上ないスリム化(人員50%以上削減。摂理機関も50%以上削減)
2)全体最適的な政策検討ができる仕組み
3)透明性のある意思決定の仕組み


◆改革のポイント
<人間>
「牧会者」は本部には不要。現場で牧会してもらうのが効果的。
「実務者」が本部に必要。
数字を扱い、企画書を書き、プレゼンが出来る人間。
説教や講義ではなく、議論ができる人間。
話しを聞ける人間。
(宗教的な説教は出来なくても良い。それはトップの仕事)

<仕組み>
本部内こそ、部局や上下を越えた本当の疎通が必要。
トップの意思が全員に明確に共有されると共に
自由な議論が出来なくてはならない。
組織の仕組み、会議の仕組みを根本から見直す。



過去記事もご参照を。

本部改革(1)序
本部改革(2)現場との乖離
本部改革(3)意思決定の仕組み




--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

本部改革(4)教理研究の強化2

教理研究のレベル

レベル1(現在)
分派対策、組織防衛のための、その場しのぎ的な教理研究


レベル2
組織の宗教的な一体性を継続すると共に、理想(み言)と現実のギャップを埋めるための教理研究


レベル3
文鮮明師の思想を普遍的なものとして拡大し、様々な宗教や団体にまで影響を与えてゆくための教理研究





統一教会は「レベル1」の段階にとどまっており
宗教団体として最重要とも言える教理研究を軽んじて
組織としての責任を放棄してしまっています。



その結果として、現場の教会では

姓名判断がどうの
四柱推命がどうの
因果応報がどうの
家系図がどうの
罰(ばち)が当たる当たらない
アメとムチで人を動かす

という感じで

「原理と関係なくても、手早く実績を作れそうなら、それを利用する」
ということが横行してきました。



それ故、信徒においても
何が問題や課題があった時に
・占いに頼る
・家系図に頼る
・霊能者的な人に頼る
という感じで

原理的に判断することができない人が多いようです。

信徒だけでなく、現場の責任者からして、こうなっています。




個人や家庭に生じてくる様々な課題を始め
社会や国において起きる事象に対しても

「この事象を原理的には、或いは摂理的にはどう捉えたら良いのか?」

現場の責任者や信徒は、このようは問いを持ちながらも、
明確な回答を得られずにいるのです。


牧会者によっては、自分なりに説明する人もいるでしょう。

しかし、それも
本当に「原理的・摂理的」というよりは
「カネ集めの為の理由づけ」に使われている場合の方が
多かったりするかもしれません。

さらに
そのような現場責任者の「自分なり」の解説に対する
何らのチェック機能もないのが現状ではないでしょうか。




世の中に注目すべき出来事があれば
タイムリーに「●●の霊言」というような本を出す
幸福の科学のようにはいかないかもしれませんが、


「この事象を原理的には、或いは摂理的にはどう捉えたら良いのか?」

という問いに対して

宗教団体として常に明確な見解を提示することは
絶対に必要なことだと思います。



これは、
分派問題だけではなく
信徒の信仰生活の安定と継続のため、そして
宗教団体としての組織の統一性の確保のために
絶対に必要なことであり、

これは、
現場任せにすることではなく、
ある程度の人と金を投入してでも
本部の責任において
必ず継続しなければならないことだと考えます。




しかしながら今は
最初に書いたように

レベル1(現在)
分派対策、組織防衛のための
その場しのぎ的な教理研究


しかなされていません。




危機が叫ばれているようですが、
統一教会衰退の原因の中でも、
かなり本質的なもののひとつが

「教理研究がしっかりなされていない」

ことなのではないでしょうか。



--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





本部改革(4)教理研究の強化1


ブログ「火に油を注げ!」で

統一教会復活の鍵は、お父様回帰と教理研究にある!

という記事がありました。

私も、全くその通りだと考えています。



教理研究のレベルとして以下の3つが考えられます。


レベル1(現在)
分派対策、組織防衛のための
その場しのぎ的な教理研究


レベル2
組織の宗教的な一体性を継続すると共に
理想(み言)と現実のギャップを埋めるための教理研究


レベル3
文鮮明師の思想を普遍的なものとして拡大し
様々な宗教や団体にまで影響を与えてゆくための教理研究




ブログ「火に油を注げ」の主張は、
「レベル3」の教理研究が必要だと言うことだと思います。

まさにその通りでしょう。
これができなければ「天一国実現」など、夢のまた夢です。



しかし、私としては統一教会の組織変革のために
まずは、「レベル2」の教理研究の必要性を訴えたいと思います。





統一教会ブログ村では、
「777」が継続して上位に位置していますし、
最近は「第四イスラエル研究会」が上がって来ました。
これらは「み言」の研究をテーマにしています。

統一教会は基本的に「み言」「原理」で伝道し、教育して来ていますので、
やはりここに関心を持つ人が多くいるのだと思います。




本来、宗教組織として、
特に「み言」を重視し「統一原理を真理と信じる」のであれば

・いかに原理どおりに実行、実践するか
・いかに原理どうりの仕組みをつくるが

ということを重要視すべきです。


しかし、その根本ともいえる「教理研究」を
統一教会本部がしっかりとやっておらず

明確な見解の提示や、説得力のある説明がありません。


「『真理がある』で満足してしまっていて、深く考えていない」
というのが現状のようです。

さらに、
「原理を知ってるんだから、あとは個人で頑張ってね」という感じで
組織としての責任を放棄してしまっています。

そして、分派問題等が騒がしくなってくると
その場しのぎ的に「見解」を述べるだけ。


こういう状態なので
「み言」を研究するブログなどに関心が高まり
そこから何かを得ようとする人が多く出てくるのではないでしょうか。


つづく



--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方、
責任者に読んで欲しいと思われた方、

クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


本部改革(3)意思決定の仕組み


組織を運営してゆくにあたり

(1)検討して案を作る
(2)意思決定する

という作業が必ずなされます。



日本統一教会本部においては

「(1)検討して案を作る」という部分が決定的に弱く

「(2)決定する」というところがどうも曖昧のようです。




(1)検討して案を作る

統一教会本部においては、誰か声の大きい人の「思いつき」がそのまま案になり方針になっているという状態が生じている感じがしますが、これは小学生レベルです。


案の作成においては少なくとも
1、オーナーの願いにかなっているか
2、組織内の現場の実状を踏まえているか
3、社会や環境への影響はどうか
という3つの観点から充分な検討がなされなければなりません。


さらに具体的に見れば

・技術的に大丈夫なのか
・経理的に大丈夫なのか
・法務的に大丈夫なのか
・地区レベルにおいて何がおきるのか
・教区レベルにおいて何がおきるのか
・教会レベルにおいて何がおきるのか
・家庭レベルにおいて何がおきるのか
・個人レベルにおいて何がおきるのか
など

それを実施した場合に、どのようなメリットがあり、どのようなリスクがあるのかを全て明確にしてこそ「案」となります。

実際にやってみないと明らかにならない点があるならば「限られた範囲で実験的に試行してデータを取り、確認できた上で全体方針とする」という案にしなければなりません。


さらに言えば、1つのことを実現するにあたっても、必ず2つか3つの案を作り、比較検討できるようにすべきです。




2)決定する

決定は、トップ1人がすべきです。

失敗の全責任はトップが取るものです。
良い結果が得られなかったのであれば、トップが謝罪するべきなのです。





◆日本統一教会本部の意思決定の現状と改革について

少数の、頭がいい(というより頭でっかちの)人たちが話し合って、現場の実状を無視した、思いつきに毛の生えた程度の観念的な案を作成し、地区長会議で議論とは言えない申し訳程度の議論をして、その場で方針を決定し、「決定したのだから実行せよ」と圧力をかけて愚かな方針を実施させる

という「案の作成」と「決定」という仕組みになっているようです。


地区長を集めた会議で「決定」し、後から地区長達にたいして「自分達で決めたのだから、責任を持ってやれ」などと言うのは実に愚かで無責任なやり方です。

地区長や、それ以下の現場の声を聞くべきなのは「案を作る」段階においてです。この段階で全ての意見を聞いてそれを取り入れ、必要に応じて複数の案を作成するのです。



誤ったやり方:案の作成は本部だけでおこない、決定の時に現場を参加させる

正しいやり方:案を作成するところにしっかりと現場を参加させ、決定はトップがおこなう




今回、牧会者研修会でディスカッションがあったようですが、本部は、そこで出た意見をまとめて何らかの改善案や方針を出そうと考えていると思います。

しかし、案をまとめるプロセスの中にも、現場の人間を参加させることが絶対に必要です。




特に今回は、日本統一教会の危機に対してより根本的な改革をおこなおうとしています。(たぶん)

ところが、大きな改革には必ず「抵抗勢力」が現れます。


改革とは、今までやっていたことを変えることなので
簡単に言うと「得をする50%の人と、損をする50%の人」が出ることになります。


損をすると感じる人は必ず抵抗します。

・過去にやってきたことを否定されるように感じプライドが傷つく
・今まで得てきた利益(既得権)が減少したり無くなったりする
・役職が無くなったり仕事が無くなったりする


主に本部にいる、官僚的な人間達は、これらのようなことから「大きな変化がない無難な案」を作ってしまうことが往々にしてあるのです。


それ故、案を作成する段階でしっかりと「ツッコミを入れる」ことが必要になります。
そしてそれは官僚にはできず、「トップ」と「現場の人間」しかできません。


しかし、案を作成する段階でトップが入ると、その案はトップの意向に大きく左右されてしまいます。特に統一教会においては必ずそうなります。そうなると現実無視の観念的な案になってしまう可能性が高くなります。案の作成にはトップは入らないことが肝心です。それ故「現場の人間」を入れることが必須になるのです。


さらに言えば「案を作成する段階に参加した現場の人間の意見をしっかり聞いて受け止めることの出来る人」が、本部にいなければなりません。現場の感覚がわかる人間が本部にいないと「それは一部の意見だ」とか言って簡単に却下されてしまうのです。
それ故、先に提案した「本部と現場の2年以内の人事交流」が必須となります。





危機だと言われている、今この時は、一つの誤りが致命的な結果をもたらします。

既に「CIG復興団」だの「430双祝福」だの、実に愚かな意思決定によって、莫大な時間とカネと労力を浪費してしまっている本部は、本質的に変わらなければなりません。


真の家庭運動とか神氏族メシヤとかの方針についても、思いつきレベルの方針のように感じざるを得ません。


「良い意思決定ができる仕組み」を構築しない限り、同じ失敗の繰り返しを免れないでしょう。



--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



本部改革(2)現場との乖離


統一教会だけではなく、ほぼ全ての「組織」においての重要課題は、トップマネジメント(本部)と現場との乖離です。

そして統一教会は宗教団体であるので、上の権威に下が従うという傾向がより強くなり、尚更、本部と現場との乖離が大きくなります。



1)権限の乖離

教会長の決裁権限は10万円
教区長の決裁権限は50万円
地区長の決裁権限は100万円
たぶん、これくらいではないかと思います。

これに対して、本部トップの決裁権限はどうでしょうか。
CIG復興団でも月1億。教会献堂等でだぶん月平均1億くらい。それ以外の様々なことを考えてみると、おそらく10億程度の決裁をしているのではないでしょうか。

驚くべき差です。

このような本部にいる人間が、現場の教会において今日1日の献金として数十万円を集めることに四苦八苦している実情がどれくらい実感的にわかるでしょうか?

頭ではわかっても実感は難しいでしょう。



2)体験の乖離

組織は、上に行けば行くほど、自分の周りは「言う事を聞く人間」ばかりになります。
現場に行けば行くほど、「言う事を聞かない人間」に対応する必要が多くなります。普通は。

統一教会においては、現場責任者も「言うことを聞く人」しか相手にしないような人もいますが。

それでも、上の方が「言うことを聞いて、かつ、能力がある人」は多いでしょう。

このような環境の違いによって、上の方が「自分が思ったように出来る」事が多くなり、傲慢性が高くなり易くなります。




3)情報の乖離

組織において最も重要な顧客の情報(ニーズやウォンツ)。教会においては伝道対象者の情報であり食口の親族などの情報となります。

組織の上に行くほど、様々なフィルターを通った、きれいな情報になってしまいます。

特に統一教会は「良いことしか報告しない」「上を喜ばせようと努力する」傾向が強くありますので、尚更、情報の乖離が生じます。




いくつか書きましたが、とにかく、トップと現場の乖離は統一教会において甚だしいものがあるのが実情です。


これによって何が生じるかと言うと

・現場の実情に合わない、本部の独りよがりの観念的な方針が出される
・本部は「現場は言う事を聞かない」と思い、現場は「本部は現場がわかってない」と思う。
・本部は現場の話しを聞いてもその本質が理解できない
・現場は本部に対して何を言っても理解してもらっているように感じない
・本部と現場との間の信頼関係が薄れ、組織活力が低下する
・本部は現場を犠牲にしているのに、その自覚ができず、さらに状況は悪化する





本部と現場との乖離は、ある意味「組織」のもつ宿命のようなものです。それ故一時的な対応、対処療法的なものでは解決しません。




◆乖離の克服のために

総会長や会長が、教区や教会に行って、そこに集まった人から話しを聞いたりすることもあるでしょうが、そこで本音や現場の実態が語られていると思ったら大間違いです。


また、最近おこなわれた牧会者研修会ではディスカッション等を通じてある程度、本部と現場の相互理解が進んだようですが、これは一時的な慰めに過ぎません。何もしないよりはずっと良いですが、根本的な解決にはなりません。



本部と現場が授受作用・疎通をせざるを得ないシステム(仕組み)をつくることが唯一の改革法案です。



実施すべきは「人事」です。

本部と現場との人事交換を無条件に実施すること。

本部スタッフの在任期間は最長2年間とし、2年以内に必ず現場に戻る。

局長といえども、地区長や教区長といった中間管理職ではなく、直接、食口と接する教会長として2年以上は現場で責任を持つこと。

部長、課長、平も、本部スタッフである以上、在任は2年以内。


但し、特別な専門的スキルを必要とする部署又は立場においては、例外も認めざるを得ないと思います。



このような仕組みを導入することによって初めて、本部と現場の風通しが良くなります。

また、このような仕組みによってのみ、統一教会の中にある儒教的な上下関係文化を改善する道が開けます。




--------------------------------

お読みくださり、ありがとうございます。

統一教会を改革したい方、
興味深い内容だと思われた方は
クリックして頂けると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



検索フォーム
プロフィール

Moonlight Mask

Author:Moonlight Mask
私は統一教会の信仰を持つ者です。
現在の組織に所属しその未来を信じていますが、現状を変革する必要性を感じています。
しかし組織内における議論の場が無く、ネット上での発信を開始します。
世界本部、日本本部、日本の公職者に読んで頂きたいと思っています。
ここに書くのは、現時点における個人の考えであり、今後、変わることもあり得ます。
事実関係等に間違いがあれば正したいと思います。
情報源は明らかにしませんが、出来る限り確かな情報に基づいて書きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。